骨格診断わからない

骨格診断がわからない!苦手なアイテムを取り入れる方法は?

パーソナルスタイリスト・ツルタです。

骨格タイプストレートだけど流行りのオーバーサイズが着たい!ならばどうすればいいのでしょうか?近年流行りのオーバーサイズの取り入れ方を、ストレートとウェーブごとにご説明します。

洋服は、似合うからおしゃれ。ではありません。

骨格診断で書いてある通りの、「似合うもの」を身につければおしゃれになれるのでしょうか?また、おしゃれになれた人はいらっしゃいましたか?

 

答えはNO。

 

骨格診断は、単なるスタイルアップ術です。

 

骨格診断で教えてくれることは、

 

ひとそれぞれに、「似合う素材」があるということ。

 

そして似合う素材を使った服で、

 

  • ストレートタイプは、筋肉のハリを抑えるための服を着てください。
  • ウェーブタイプは、ウエストの位置を上にして目線を上げる軽めの服を着てください。
  • ナチュラルタイプは、間のあるサイズ感でリズムよくラフに着てください。

 

ということを、伝えてくれるスタイルアップ術です。

 

♦参考:骨格診断についての「簡単解説」記事

骨格診断がよくわからない!「骨格診断かんたん理解」公開します!

 

そもそも着てはいけないものなんてあるのしょうか?そして、似合うものを着ればおしゃれなのでしょうか?

 

骨格診断だけでは、時代の空気感である、「流行」は加味されていません。

また、TPOにあわせた着こなしを加味されていません。

おしゃれの基本(理論)を加味されていません。

 

よって、「流行」や、「TPO」、「おしゃれの基本」などを知らなくては、あさはかなファッション止まり

 

大人として、「おしゃれの本質」を知らないままでいいですか?

 

♦おしゃれの基本については、下記記事にある、「ドレスとカジュアルの定義」を参考にしてください。

骨格診断、「ナチュラルタイプ」なのにカジュアルが似合わない!その理由とおしゃれになるための対策

 

 

流行を取り入れることの重要性

とくに、流行は大切です。流行を取り入れなくては周りから見ても、「なんかへん。」となります。

 

流行とは、時代の空気感。世界中の人々が生活をしながら、なんとなく作り上げているもの。ようするに社会状況です。

 

程よく社会の空気感を取り入れないと、空気読めない(KYな)人。あの人なんかへん。となります。大人として社会状況を無視しすぎるわけにもいきません。

 

 

「骨格診断」と「流行」との兼ね合い

みなさんは、

 

  • 時代遅れの人
  • 空気読めない人

 

ではないはずです。ですから、骨格診断の大事なポイントをおさえて、うまく流行をとりいれましょう

 

 

ストレートタイプだって、リラックス感(オーバーサイズ)を着たい!

ストレートさんは、メリハリ(減り張り)つければ大丈夫です。

 

骨格診断では、メリハリを付けるためにタイトフィットな服でと言われますが、流行の「リラックス感」だってとりいれたいはず。

 

「リラックス感」も取り入れつつ、メリハリをつけるそのコツは、みぞおちです。みぞおちにメリ(減り)をつくればOKです。みぞおちはしっかりタイトに抑えましょう。

 

あとはご自由に、下記のようにリラックス感を取り入れて大丈夫ですよ。

ロングマキシhttps://www.pinterest.jp/pin/532621093407035459/
ワイドパンツhttps://stylehaus.jp/articles/34/

※上記2つの画像とも、みぞおちにメリ(減り)があります。

 

ちなみに、流行だからといって、二の腕にボリュームはやめておきましょう

盛り袖https://109news.jp/fashion/20170517/93188/

手首あたりにボリュームがある、「ベルスリーブ」はOKですが、肩回りの盛り袖は、(着ぶくれしやすいので)手を出さないほうが無難です。

 

 

ウェーブタイプだって、オーバーサイズが着たい!

いいんです。着たいものを着ましょう(笑)ついでに、ざっくりした目の粗いニットも着てはいかがですか?

 

ウェーブタイプがオーバーサイズを着るときのポイントをお伝えします。

 

オーバーサイズを着るときは、手首足首をキュッとしめます。これだけで、ずるずるとだらしない印象、重苦しい印象、なんか無理感という印象はガラッとなくなります。

テーパード デニムhttps://wrangler-jeans.jp/shop/g/gWL1715-392-01/

※かなりルーズなテーパードデニム。足首キュッとしめればウェーブ使用です。(ちなみにナチュラルは骨太なので、当着こなしは足首の太さが際立ちNGです)

 

ざっくりニット オーバーサイズ ニット
ざっくりニットhttps://store.melrose.co.jp/shop/liesse/item/view/shop_product_id/23810

※上記、ざっくりとしたニットも、極論手首のリブがしっかりきつくしまっているデザインならOKです。

 

ちょっとわかりにくい方のために、もう少し画像をお見せします。

 

こういったのはOK!

「オーバーサイズ ニット 手首リブ」の画像検索結果「オーバーサイズ ニット 手首リブ」の画像検索結果

※手首がキュッ、袖丈が長すぎない、が必須。

 

これはNG

関連画像

※手首にフィットしないルーズなリブで、袖丈も長くだらしない印象。(ナチュラルタイプならOK)

 

いかがでしたか?

 

ストレートタイプやウェーブタイプは、オーバーサイズはダメだと思わなくてもいいのです。

 

極論、洋服に着てはいけないものなんてありません。骨格診断のタイプに固執して、これは着てはダメなんだ…と、思い込んでしまうと、おしゃれを楽しむための「可能性」をつぶしてしまいます。もったいないことです。

 

心が着たいと思うものをまずは試しに着てみましょう!最初から決めつけてはもったいありません。ちょっとの工夫でご自身に合わせた着こなしは可能です。

 

ファッションを楽しむために骨格診断を利用してください。

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。