おしゃれのコツ

洋服選びが苦手な方へ、お伝えしたい考え方のコツ

ファッションスタイリスト・ツルタです。

洋服選びに悩む方へ。あまり難しいことを考えずに、『素直に自分はどうありたいか』を考えてみてはいかがですか?

単にモノを買っているのではなく、価値を買っている

 

みなさんは物を買うときに、単にその物をゲットするためだと思っていらっしゃいますか?

 

わたしたちが洋服を買うとき、単純に【洋服】を買っているのではありません。

 

♥洋服を買ったときに得られる【価値(メリット)】

  • カッコよくなる自分、自己満足感
  • モチベーションがあがることで生活にハリが出る(仕事が頑張れる等)
  • 人から褒められるという喜び
  • ダサい自分という不安から逃れる安心感
  • 場にふさわしい服装をすることで、人と上手く付き合える

…など。

 

お金を払うことで物を得られるだけではなく、それを買うことで得られる、【メリット】を買っていると言えます。

 

【お金】と【服】の交換ではなく、【お金】と【メリット】、つまりあなたの【生活や人生】と交換しています。

 

 

それを買うことでどんなメリットがありますか?

 

例えば家を買いたいという思う理由はなんでしょうか?

 

  • 単に新しい家が欲しいから?
  • 持ち家ならなんでもいいですか?

 

そうではないはずです。

 

 

家を購入することで得られるメリットを考えてみましょう。

 

  • 家族が安心して生活ができる(治安が良い。生活環境が良い)
  • 家族が仲良く暮らすことができる(生活同線、間取りが使いやすい)
  • 家族のモチベーションがあがる(好みに合った内装や外観など、住んでいて心地が良い)
  • 地域とのコミュニティができる(人と人のつながりを大切にした、地に足の着いた生活)

 

家を買うその目的は、家族が安心して仲良く暮らせること。そして家族の生活(人生)が潤うこと。が大切です。

 

単に家を買うことが目的(ゴール)になってはならないのです。

 

 

洋服だって同じことが言えます。

 

  • 新しい洋服が欲しかったから。

→こういった買い物の仕方をしているうちは、永遠に失敗しては買うの繰り返しです。ずっと洋服が欲しいと思い続けて、一生満足しないでしょう。

 

 

  • セールで安かったから。

→安いから買う?必要もないのに?

 

 

  • そのお洋服が似合うから。

→似合うものに固執すると、似合うもの迷子になります。似合うもの、似合うもの、そんなものあるのでしょうか?

 

 

それを買うことが目的になってはならない。もっと深い価値に気が付こう!

 

 

自分はこうありたい、だから買う

 

あなたにとってどんなメリットがあるか?あなたの生活を潤してくれるか?自問自答してみてください。この答えが多ければ多いほど、安心して購入しても良いということになるはずです。

 

たとえばわれわれ夫婦の価値を例にあげると、

 

  • キレがあるから
  • 個性があるから
  • 単純におしゃれだから
  • 良いものを着たいから
  • 良いものを数少なく持っていたいから(厳選すれば高額商品を購入する予算が組める)
  • 夫婦共有できるから
  • TPOが想像できるから
  • いろいろ試着したけど、これが一番しっくりくるから
  • 買い替えの時期だから

 

思いつくままに一気に羅列しましたが、買うときの理由はこんな感じです。

 

キレがあるとか、個性があるとか、おしゃれとか・・・、われわれ夫婦は、自分たちの人生がそうありたいと思っているから、そういう服を買うのです。

 

似合うは二の次です。もちろん似合わなければ買いませんが、最初の条件はいつでも、『カッコいいか』です。

人生おしゃれに生きたい、カッコよく生きたい、TPOに合った装いをしてスマートでありたい(つまりカッコよい)、という感じで、『こうありたい』が先にあります。

 

骨格タイプが〇〇だから、とかパーソナルカラーが〇〇だから、といった単純な選び方だけでは、その行為そのものが正直ダサいと思っています。(とくに顔タイプが嫌いです。クール●●とか、●●フェミニンとか、へんなのって思います)

 

なぜなら、人が決めた〇〇タイプに当てはめるなんて…ね?と思うからです。違和感、不思議、おかしい、何で?自分はどうありたいの?となるわけです。

 

骨格診断など、あくまで選ぶときの選択肢として、選びやすくするための理由付けくらいで良いのです。

 

 

極論、

 

  • セールで安かったから。
  • そのお洋服が似合うから。

→こういった選び方よりも、

 

 

  • 単に好きだから。

→のほうが、かっこいい。

 

 

自分がこうありたいという人生観をもとに、『他に代替案はない。』というところまで突き詰めてください。

 

個人的には、これがカッコいい買い物の仕方かなぁ、と思うわけです。

 

洋服選びが苦手な方へ。考え方のコツとしてなにかお役に立てれば幸いです。

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。