ファッション

【おしゃれに悩む方へ!】おしゃれに必要な3つのことは、骨格診断とパーソナルカラーと〇〇〇〇。

ヨウジヤマモト

ファッション・カウンセラーツルタです。

当サイトでは、おしゃれに関する考え方を主にお伝えしております。今回は、骨格診断とパーソナルカラーを知っているのにオシャレに悩んでいる方へ、必要な考え方をお伝えします。

おしゃれとは、人生(生き方)である

 

ファッションというのは、今ここに存在する普通の人々、一生懸命に生きて、誰かを愛し、時には悲しむ、そういう人たちが着て初めて完成するのだ。

※山本耀司 MODERN MENSWEARより引用

 

敬愛するファッションデザイナーに、山本耀司氏がおります。

 

さまざななインタビューで、幼いころ父親を戦争で亡くしたことをきっかけに、国に対する反骨精神が芽生えたとおっしゃっています。

 

反骨精神。一見、負のエネルギーになりそうな大きな力です。

ですが、物を言わずに、態度にも出さずに、物を作るという大きな「エネルギー」に変え、思いをぶつけた服を世に送り届けてくださっています。

 

トップクラスの環境に身を置くものづくりを生業にする方々(いわゆるデザイナー)は、時代の空気感(政治・経済といったいわゆる社会情勢)を表現するか方が多くいらっしゃいます。

 

例えば、パリコレデザイナーの方々もそうです。年々、新しいものを世に送り出すたびに、『今回は、人々の〇〇といった心情をキャッチして、〇〇を表現した。』という思いがあるのです。

 

そんな山本耀司さんが、先日放送されたBS1スペシャル「ヨウジ ヤマモト~時空を超える黒~」のなかで、プロフィールという言葉の意味について、このようなことをおっしゃっていました。

 

『プロフィールには、人の横顔という意味もある。』

1.横顔(の像)。側面像。
2.人物評。人物紹介。
 「新人の―」

▷ 「プロフィル」とも言う。 profile
※Googleより引用

 

一般的にプロフィールという意味は、その方の経歴(何をしてきて、何が得意で、何が好きでといった自己紹介のようなもの)を思い描きますね。

 

しかしここで耀司さんが言いたかったのは、横から見た人の姿に、その人の生きざまがあらわれている。ということです。

 

『その人の横顔や佇まい』

 

それらにはその人の生きざまが見てとれる。その生きざまがにじみ出るような服をつくりたいんだ、というようなお考えをおっしゃっていました。

 

誰かの横顔や、佇まいを見て、ふとかっこいい、ステキと感じた時、

 

やはりその方の生き方が美しいということが前提にあるような気がしてなりません。その方の考え方や心がけ、実際の行動といった生きざまそのものが、プロフィール(横顔)にあらわれている状態なのだと思います。

 

その生きざまに見合った装いって、やっぱりいいな、と思います。わたくしもファッションカウンセリングの仕事を通じて、お客様にそのような『美しい装い』をご提案したいと思いながら、日々診断に向かわせていただいております。

 

BS1スペシャル「ヨウジ ヤマモト~時空を超える黒~」

再放送も決定されたようです。2019年6月22日(土) 午後2時00分(50分)

新たなファッションに対する考え方に出会えるかもしれません。ご興味ある方はぜひ。

 

 

装いも人生と同じく、柔軟な変化を

先日、ファッションカウンセリングサービス「美しい装い~最速のクローゼット作り~」をご利用いただいたお客さまのご感想をご紹介いたします。

 

鶴田様
診断ありがとうございました。
プリントアウトをし、毎日読んでいます。
ナチュラル、イエローベースのオータムだと思っていたので自己診断、思い込み?の怖さを感じています。

自分に似合う服、着こなしなど無いと途方にくれていた私に、道筋を示して頂き感謝しています。

大変な思いをして作って頂いたカルテを読み込み、頭と体にしっかり覚えさせたいと思っています。

これから鶴田様のご提案どおり初期投資をかけ、次の年、それ以降に続けていこうと思います。
LINEで相談させて頂く事もあるかと思いますがその際は宜しくお願いいたします。

本当に有り難うございました。

 

たしかに自己診断の思い込みは怖いですね。ファッションを間違った方向に導く恐れもありますし、可能性をつぶす恐れ、ご自身がステキに見えないといったことにもなりかねません.

 

 

でも本当に怖いのは、自己診断の思い込みではありません。自己診断だけでなく、プロの診断でも思い込みはされないほうがいいのです。

 

診断自体は悪いことではないのですが、思い込みが一番怖い。思い込んで二度とアップデートしないことが怖い(こわいというか、もったいない)のです。

 

その理由は、時代の空気感があるからです。人々が生き社会情勢が変化する中で、ご自身の感性を止めることなく、柔軟に変化させていくこと。これが人生です。

 

装いも人生なのですから、自分はこれ。と決めつけることなく、日々の自分の心の変化、身体の変化、その時々の気持ちを大切にしながら、装いに結び付けること、アップデートすることをお勧めいたします。

 

その決めつけに、時折邪魔になるのが、診断結果です。診断結果はある程度の道筋にはなりますが、柔軟な受け入れがおすすめです。

 

 

ファッションに悩む方へ!

ファッションの道筋となる要素とは?

 

ただし、今現在ファッションに悩んでいる方には、なんらかの「道筋」は必要です。

 

その道筋となる要素に、

 

  • 骨格診断
  • パーソナルカラー診断
  • お顔立ち
  • ライフスタイル
  • その方の考え方・価値観・人生指針といった「内面」

 

があります。

 

そしてこれらをもとに、ご自身の味わい(Personalな魅力)を、ファッションテイストに落とし込みます。

 

 

おしゃれには、骨格診断とパーソナルカラーと〇〇〇〇が必要

 

おしゃれには、

  1. 骨格診断
  2. パーソナルカラー
  3. テイスト

この3つが必要です。

 

そして、このテイストを導き出すためには、あなた自身の「内面」が非常に重要なキーになります。

 

ファッションには、トラッド、クラシカル、エレガンス、知的、ファッショナブル、モード、中性的、などといった、テイストがあります。

 

テイストとは、味。つまり、その方の人となりからにじみ出てくる、味わいです。

 

その方の生きざまが味わい(テイスト)なのですから、あなただけのパーソナルな魅力となります。

 

 

例えばこんな風に悩んでいる方はいませんか?

 

  • 骨格診断・ストレートなのに、きちんとしたジャケットや真面目な服が似合わない!
  • 骨格診断・ナチュラルなのに、オーバーサイズやロング丈といったラフな服が似合わない!

 

この理由は、あなたの味わいから醸し出されるイメージと、合っていないからかもしれません。

 

ストレートだからトラッド・クラシカルが似合う、でもないのです。

 

骨格診断とパーソナルカラーを知っているのに、オシャレに悩んでいるという方へ。これを機に、ご自身の味わいとマッチする「ファッションテイスト」についても考えてみてください。

 

 

「色気の出るスタイル」をご提案します

当ファッションカウンセリングには、装いの「テイスト」をご提案をするメニューがあります。

 

その方にピッタリはまるテイストのファッションをされると、みな、魅力だけでなく、「色気」がきちんと出てまいります。(色気が出る=本当にお似合い)

 

ご自身の魅力を活かすファッションの研究に余念がない方へ。

骨格診断やパーソナルカラー診断結果を活かしきれていないなど、当メニューがお悩み解決のための「道筋」となれば幸いです。

 

♥あなただけのファッションテイストをご提案

『パーソナルスタイル』~髪型メイク・ファッション・アクセントの3つのご提案~

 

 

♥当カウンセリングを受けるメリットとお客さまの声ご紹介ページはこちら

「当カウンセリングのテーマ」と「サービスを受けるメリット」

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。