山本耀司

私が黒い服を好きな理由。

ファッションカウンセラー・ツルタです。

今回は少し自分のことを書いてみます。わたくしが黒い服が好きな理由についてです。

敬愛するデザイナーによる言葉

 

人の目を邪魔しない服を作ろうと思った。それが黒を使った最大の理由。

背景を邪魔しない、目立たない服を着るほうがいい。

女性も一人で強く生きる時代。花柄でちゃらちゃらとはいかない。

黒は女を最も美しく見せる服。

いろんな色を使うほどかえって醜くなる。

 

少々のニュアンスは違いますが、敬愛する山本耀司氏とココシャネルの言葉です。

 

背景を邪魔しない、目立たない、人の目を邪魔しない、カラフルな色は品がない・・・お二人とも同じようなことをおっしゃります。

 

すべてに共感いたします。

 

媚びていない、清い、芯のある言葉が好きです。

 

敬愛するデザイナーがおっしゃるので、この言葉が心にある限り背中を押してもらいます。あらためて、色物には全く憧れがありません。と断言できます。

 

 

人と同じは嫌い。夏だからこそ黒を着る

 

よく、「夏場は暑苦しいから黒を着られない。」

 

とおっしゃる方がいます。

 

わたくしは、そうは思いません。

 

むしろ、そう思う方が大半なので、嬉しいとさえ思います。みなと同じ行動が嫌いだからです。

 

よって、夏だからこそ嬉しい気持ちで黒を着ます。

 

 

また、「(パーソナルカラーが)スプリングだから黒が着られない。」

 

とおっしゃる方もいます。

 

ご相談が寄せられた際は、スプリングの黒の取り入れ方をご説明しています。

 

でも本音はこうです。

 

「着たいと思う気持ちがあれば、素直に着ればいいのにな。」

 

 

問答無用。好きだから

 

問答無用で黒が好きです。

 

誰にも迷惑をかけない色。

 

でも、少し存在感がある色。

 

主張がある色。

 

主張があるけど、嫌味にならない色。

 

TPOでNGが少ない色。

 

黒を着ると心が自由になれます。

 

誰にも迷惑をかけないのに、自由な色。というところが一番好きです。

 

 

カッコいいけど気を抜けない色

 

黒を着てカッコよくいるためには、立ち振る舞いを整えないとなりません。

 

目立たないようで目立つ色だからです。

 

  • スタイルを整える(細くあり続ける)
  • 姿勢を整える(まっすぐに立つ)
  • 表情を整える(仏頂面は怖くなりますからNG、要ほほえみ)
  • 肌質を整える(黒は肌荒れが目立ちます)

 

いくつになっても大好きな色を着るために、努力をし続けたいです。

 

 

これらを客観的にまとめてみると、

 

おしゃれだから、とか、似合うから、といった理由ではなく、

 

  • 好きだから
  • 人と違うから
  • 努力が必要だから

 

といった、深いところに理由があります。

 

何処まで行っても、ファッションをお気軽に楽しんでいない自分がいます(笑)

 

私の中にある、「ファッションは人生そのもの。」という考えの源は、こういった自分の内面にあります。

 

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。