メンズファッション

簡単に出来るビジネススキルアップ術。男性は身だしなみを整えるだけでスキルアップ。

パーソナルスタイリスト・ツルタです。

今回は、衣装の力はこれほどまでにすごい!という、あなたのなかでも価値観のすり替えがおこりうるかもしれない、そんな内容です。これを読んだ後、洋服を軽視することは、二度と出来なくなるかもしれません。

服の力をどれほど信じていますか?

「着るものにはこだわらない」という男性のかたは少なくありません。もっと言えば、「着るものなんて、着られればなんだっていい」とおっしゃるかたもいらっしゃいます。

 

まるで、食べ物に対してもこだわりのない様子に、「お腹いっぱいになれば、なんでもいい。」という、男性がいらっしゃるように。

 

メンズアパレル店員17年の経験がある、わたくしも、お客さまの応対の中で常日頃、そのような男性は多いことを感じておりました。

 

もちろん、男性は女性ほどにファッションに気を取られないほうが「粋」です。それはそうなのですが…

 

この先の内容を読んだあとも、「着るものなんて、着られればなんだっていい」とは、言えなくなるかもしれません。

 

必読!文学から学ぶ、装いの力

『形』ー菊池寛

早速ご紹介したいのは、『形』(菊池寛)というとても短い小説です。

 

内容のあらすじは、戦国時代に中村新兵衛という、槍の達人がいて、「槍中村」と呼ばれ、恐れられていました。

 

新兵衛が、「唐冠の兜(かぶと)」と「猩々緋の服折(はおり)姿」で槍をふるう姿は、敵にとってどれほどの脅威が分からないほどでありました。

 

その姿は、敵味方の間でも輝くばかりのあざやかさをもっていました。

 

あるとき、初陣の若侍が新兵衛の兜と服折を借りたいと願い出ると、新兵衛は快く応じ貸してしまいます。

 

そして、若侍がこれを着て戦場に出ると敵は、唐冠と猩々緋を見ただけで、新兵衛だ!と、怖気(おじけ)づき浮き足立って、たやすく討たれるのです。

 

その後に本物の新兵衛が、普段と異なる『形』で出陣すると、敵兵は新兵衛と知らずに、少しも恐れず応戦し、新兵衛は必死の力をふるったにもかかわらず、討たれ死にしてしまうというお話しです。

 

これを読んだあと、なんとも言えない喪失感のような、悲しさの余韻が残り、記憶から離れずにいます。

 

この内容は、『形』はこれほどまでに大きな力を及ぼすということを、教えてくれたように思います。

 

わたくしはファッションカウンセラーという職業柄、『形』を見た目である「ファッション」に置き換えて、解釈しました。

 

もしかすると人によっては、「見た目」という『形』だけでなく、仕事において重要視される、「数字」であったり、「実績、経験」といったことも含まれるかもしれません。

 

華であり、脅威であり、信頼の的

小説のくだりにこんな一節があります。

 

戦場の華であり、

敵に対する脅威であり、

味方にとっては信頼の的であった。

 

(社会的な場所で)華となり、ライバルにとって脅威になり、家族や大切な人にとって、信頼される存在でありたい。

 

脅威は言い過ぎにしても、華であり、信頼の的という、くだりが特に好きです。わたくしもこうでありたい、と心打たれます。

 

ぜひ、いまいちど、装いについてよく考えてみてほしい、(特に男性に)そんなきっかけになればと、この記事をかきました。

 

最後に、わたくしのなかで、切なくて悲しい余韻の一因となる、小説の「最後の一節」をご紹介して、終わります。

 

手軽に兜や猩々緋を借したことを、後悔するような感じが頭の中をかすめたときであった。

敵の突き出した鎗が、縅の裏をかいて彼の脾腹(ひばら)を貫いていた。

 

ビジネスのスキルアップのために「スクールに通う」「異業種交流会に参加する」なども素晴らしい行動ですが…。

 

成果が出るまでには、多くの時間がかかるものです。

 

しかし、服を着替えればオッケー。これほどまでに、効果の早いビジネススキルアップ術はないでしょう。

 

あなたも身だしなみを整えて、スキルアップしませんか?

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。