メンズファッション

男性のおしゃれな休日スタイルのヒントは「スーツ」。【大人のカジュアルスタイル】

アルマーニ 2018 aw

パーソナルスタイリスト・ツルタです。

男性のファッションに、「そもそも何を着たらいいのか分からない」という方も多いと思います。今回は、男性という生物学的存在からひも解く、おすすめスタイルのヒントを解説します。

男性という生物は、昔から狩りをして生計を立てる「強い」存在

背景として、女性の潜在意識に「頼りたい」がある

 

いまの時代、さまざまな価値観があるなかで、男はこうあるべき、女はこうあるべきといった、ジェンダー問題を取り上げる趣旨はありませんので、最初に申しあげておきます。

 

さて、人間として、

「生きたい」

「食べたい」

「安心して暮らしたい」

「性的に交わりたい」

 

などといった欲求に素直にこたえると、女性は男性には「強くあって欲しい」、「頼りがいのある男性像を求める」ということは、いなめませんね。

 

ここでいう、頼りがいのある男性像とは、

 

  • 「稼ぐ人」
  • 体つきが大きい、「物理的に力のある人」

 

ということだけではありません。

 

ご承知のとおり、いまの時代、「男性が主夫をして妻を支える」スタイルも珍しくありませんので、

 

  • 「精神的に頼れる」
  • 「包容力のある」

 

といったことでも、頼りがいを感じられます。いまの時代は、頼りがいのある男性像にもさまざまです。

 

いずれにしても、女性からみた「頼れる男性像」という視点は、いつの時代になっても無視できません。今回は、この視点をファッションに取り入れましょうよという、おはなしです。

 

頼れる男性像とは、「肉体的」または「精神的」に頼れる人

 

あたりまえですが、がっちりとした体つきからは、肉体的に強そうなイメージを持ちます。

 

スーパーマンや正義の味方に、ひょろっとした男性像が見当たらないことからも、我々は幼いころから、

 

「肉体的に強い=頼りがいがある。」

 

と、インプットされています。

 

また、肉体的な側面からだけではなく、精神的な側面からは、

 

「知的で」

「懐の深い」

「精神的にゆとりのある」

「包容力のある男性」

 

といったイメージが、大人の頼れる男性像につながります。

 

肉体的にも精神的にも頼れる男性像は「スーツ」。

 

スーツは、上半身の胸のハリを強調させるジャケットの存在が、男性をあたかたも筋肉があるような、マッチョな身体に想像させることができる洋服です。

 

スーツの歴史をみても、古くは階級社会からうまれた、「権威のある貴族」のための服であったように、知力と財力の象徴でもありました。

 

女性の意見に、「スーツをきた男性は、カッコよくみえる」といった意見があるのも、納得です。「スーツ」という存在は、肉体的にも精神的にも頼れる、「大人の男性像」を表します。

 

このようなことからも、「肉体的な強さ」と「精神的なゆとり(包容力)」を表すには、スーツ(またはジャケット)が必須なのです。

 

男は黙って、アルマーニのシルエットをまねしよう

上半身の「筋肉美」と、下半身の「ゆとり」

 

ここで、「ジョルジオ・アルマーニ 2018-19秋冬コレクション」をご紹介します。

 

アルマーニ 2018 awhttps://www.fashion-press.net/collections/8721
アルマーニ 2018 awhttps://www.fashion-press.net/collections/8721
アルマーニ 2018 awhttps://www.fashion-press.net/collections/8721
アルマーニ 2018 AWhttps://www.fashion-press.net/collections/8721

 

強さのシンボルであるハリのある胸元は、男性の色気を感じさせ、ボトムスのユルいシルエットからは、大人のリラクシング(ゆとり)を感じさせます。

 

ミリタリージャケットやブルゾンは、カジュアル過ぎません。アルマーニならではのスマートな上品さと、男性的な無骨さをあわせ持っています。

 

また、無骨さでいえば、足元を重たさのあるブーツへ落とし込むことで、さらに無骨な男性像を表しています。

 

「強い男性像」には、上半身の筋肉美をイメージさせる、ハリのある「ジャケットやブルゾン」が必要であり、「ゆとりある男性像」には、地に足のついたがっちりした下半身と、ゆとりを感じさせる「リラクシングを取り入れたボトムス」が必要であります。

 

それでも「スキニーパンツ」を履きますか?

リラクシングの真逆である、数年前に流行していたスキニーパンツ。

 

そのシルエットは「か細く」、生地が少ないことにより「貧相」で、前述のとおり、リラクシングの真逆になるわけで、現代の「流行」から離れてしまっています。

 

①「か細い」

②「貧相」

③「流行でない」という3つの理由から、

 

大人の男性がわざわざ履くパンツではないように思います。

 

①シルエットが「か細い」ので、実際の下半身をか細く思わせます。それはまるで、成長していない子供のようです。子供っぽく見えてしまうスキニーパンツを、わざわざ大人の男性が履く理由が、どこにあるでしょうか?

 

②「生地が少ない」と、貧相に見えるわけは、短パンが安っぽいのと同じです。当たり前ですが、生地をたくさん使えばそれだけコストがかかるので、商品の値段も上がります。生地の分量が少ないということは、コストも下がり、安い服となります。よって、「財力のある男性像」とは縁遠くなります。

 

③「流行」という点からみても、ビックシルエット、オーバーサイズといった、「リラクシング」が流行であるいま、スキニーパンツをわざわざ履くには及ばないものだと、考えます。

 

これを読んだ女性のみなさまも、この考えに気に入って頂けたら、大切なパートナーに、スキニーパンツや短パンを履くことをやめることを、おすすめしてみましょう。

 

大人の男性には、黙ってスラックスを履いてもらいましょう(笑)

 

「骨格診断」for men(男性向けサービスメニュー)

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。