制服化

“ミニマリスト”のすすめ

ファッションカウンセラー・ツルタです。

当ブログで時折、ミニマリストについて書いております。当記事はそのいわば総集編です。ミニマリストのメリットやミニマムなクローゼットにするためのコツなど、大事なポイントをかいつまんでまとめました。

ミニマリストとは?

 

必要な数だけ物を持ち、その物が少数精鋭で自分自身満足のいく状態。そして、心のゆとりや物に縛られない生きかたを心地よく感じている人、またはその状態の人。

 

人生の基本は「衣食住」です。生きる上で衣服については無視できません。人生と装いはリンクしています。

 

 

生き方を考え直しながら、装いについてもぜひ考えてみてください。

 

「問」

  • どんなライフスタイルが理想ですか?
  • 人生において大切にしたい価値観は?
  • ご自身の装いはどうありたいですか?

 

 

少数精鋭のクローゼットにするメリットとは?

 

  1. 着るものだけを残せば、持っている洋服を把握できる
  2. 洋服を把握している=管理できるので、何が必要、何は要らないといった買い物がしやすくなる(余計なものを買わない、失敗もなくなる)
  3. クローゼットがスッキリする
  4. オンオフ兼用にすることで、カジュアルな服を持たなくなる→着なくなる。よっておしゃれになる(カジュアルな服はおしゃれじゃない
  5. 断捨離によってダサいもの、古いものを着なくなるからおしゃれになる(もったいないといつまでも持っているからつい着てしまう。そしてださくなる)
  6. 少数精鋭=(スポーツチームで例えると)選抜群だからいつもおしゃれ。自信をもって堂々といられる
  7. 少数精鋭=シンプルなファッションだから、さほどセンスは必要ない(悩まなくて済む)
  8. 小物に高額を投資。それだけでおしゃれに見える。個性が光る
  9. 必要な体力・気力・能力といったエネルギーの無駄使いがなくなる
  10. 他のことにエネルギーを集中して使える(仕事や家庭、趣味など)
  11. ファッションに迷わないから時間を有効活用できる
  12. 人生が豊かになる

※赤字は参考記事へリンクします

 

 

少数精鋭のクローゼット作り・断捨離のコツ

どんなアイテムがいいの?

 

少ない数で着まわすために『オンオフ兼用』にします。オンオフ兼用とは、仕事と休日、人によってはお出かけ着とご近所着などでしょうか。

 

オンオフ兼用にするときのポイントは、ルールやマナーが固いほうに合わせることが必要です。例えばスーツ。黒無地を一つ持っていれば、冠婚葬祭まで使えますね。

 

よって、仕事やお出かけ着といったオンに基準を合わせて、オンオフ兼用にします。

 

つまりオンの服を買うだけでいいので、わざわざオフの服(カジュアルな服)を買わなくなります。すると、予算を削ることができるといった節約のメリットもありますし、簡単におしゃれになるというメリットがあります。

 

ドレッシーな服は見た目重視な服です。ラフなカジュアルはおしゃれにみせるのにちょっとしたコツがいりますが、『スーツを着てるとみんなカッコよく見える。』といった言葉を聞くように、ドレッシーな服はそれだけでおしゃれ。ミニマムなら断然、「ドレス要素の服」をおすすめします。

 

ドレス要素の服とは?参考記事

カジュアルな服ってオシャレじゃない。だから私は、「着ない・見ない・買わない」

 

 

どのくらいの数を持てばいいの?

 

たくさん持ちすぎるとお金の節約にならないどころか、選ぶのも困難になります。すると朝の身支度にかかる時間というコストもかかってしまいます。

 

人間、簡単に選べてなおかつ、楽しめる選択肢は、2つです。「選べる」けど「悩まない」のは、「どれ」ではなく、「どっち」なのです。

 

トップスって何枚あればいいの?ジャケットは?ボトムスは?といった、点数についてはこの考え方をキーに揃えると把握しやすいです。

当内容詳細記事はこちら→♦少ない服でもオシャレを楽しむには、服は何着必要なのか?(※外部リンク・夫のブログ)

(記事の概要)

・選択肢は2つに抑えると、悩む手間も省けて、選ぶ楽しみも残せる
・1回着た程度では洗わない・洗わなくていい服は、3つ
・1回着たらすぐ洗う服は、4つ

 

ミニマリスト おしゃれ

 

 

断捨離がもったいなくてできないという方へ

 

まずは、当記事の断捨離するメリット(少数精鋭のクローゼットにするメリット)を把握してください。

 

人生は一度限りです。なおかつわれわれは毎日忙しい生活を送っています。時間を有効に使って、大切なことに集中したいものです。

そして、その反対の断捨離しないデメリットも考えてみてください。

 

デメリットを簡単に述べるとすれば、

  • 時間の無駄
  • お金の無駄
  • 場所の無駄
  • おしゃれになれない(オンオフ兼用の考え方に基づいて少数精鋭のクローゼットを作ることで、カジュアルな服を不必要に着なくなります。おしゃれになるにはそれが一番の近道だからです)

 

当ファッションカウンセリングを受けられたお客さまのビフォーアフターの記事に、お客さまの体験談をご紹介しております。そこで、カジュアルな服ばかりを着てきた方が、ドレッシーな装いに変化(ご自身の価値観も含め)される様子があります。

♦参考記事

骨格診断ウェーブタイプのビフォーアフター

カジュアルな服よりも問答無用でステキなのがお分かりいただけると思います。

 

ちなみにわたくしは、膝が出たパンツは清く断捨離します。生地はまだまだきれいだとしてもです。

 

わたくしの断捨離の基準は、

 

それを着て都内へ出かけられるかどうか。

 

また、気に入っていたからといってそれを決して部屋着にしないことです。清く捨てます。

 

まだまだ着られるのに、サイズアウトしたり、気に入らなかったりしたものは、リサイクルショップやフリマアプリ(メルカリ)、知り合いに譲るなどして、他の方へお役に立てていただきましょう。

 

 

最後に・・・。

こちらは、とあるお客さまの断捨離サイクルの例です。シンプルでステキなのでご紹介させていただきます。

購入一年目はフルで着て、二年目はたまに着て、三年目はクローゼットに入ったままで、四年目に捨てる。

 

こういったパターン化も、断捨離がお苦手な方には良い方法だと思います。

 

ぜひ、今回の記事もお役に立てれば幸いです。

 

 

ミニマリスト・ツルタのファッションカウンセリング

 

  • 私服の制服化、定番スタイルを確立したい方
  • 少数精鋭のクローゼットを目指したい方
  • 自分の装いに満足し心地よい時間を過ごしたい方

 

一生懸命に生きていたら自然とミニマムになっていた、自称、天然ミニマリスト・ツルタが、お客さまの魅力を引き出すシンプルな装いのご提案に、尽力いたします。

 

♥ファッションカウンセリングメニュー

骨格診断・ショッピングレッスン

パーソナルスタイル診断

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。