ファッション

【夫のブログより】セールの攻略術

夫のブログにセールの攻略術について書いてありました。これは夫婦共通の考え方であり夫のブログで簡潔にまとまっていましたので、当ブログでもシエアさせていただきます。これからセールに行こうかなと考えていた方にまずお読みいただきたい内容です。セールでの失敗を防ぎたい方にも【必読】です。

【冬物セール】いつ・何を買うのがお得なのか?現役ショップスタッフが教えるセール攻略術

 

夫のブログです。現役ショップ店員でファッションブロガーをしています。

SUIT LABO〜スーツラボ〜 現役ショップスタッフが教えるスーツでオシャレになる方法

上記ブログ内で投稿された、下記の記事から抜粋いたします。

【冬物セール】いつ・何を買うのがお得なのか?現役ショップスタッフが教えるセール攻略術

 

 

そもそもセールとは本当にお得なのか?

 

【大前提】セールは売れ残り処分の場。実は安くない。

基本的にセールになっている服は売れ残り品。定価で売れなかったから、割り引くわけです。

20%引きにしても売れなければ、30%オフに。それでも売れなければ、40%オフ。それでもだめなら半額に。

割引率が高い服は、それだけ売れなかった服。

「2万円の服を半額が買えたから、1万円も得した」なんて思ってしまいがちですが…。

半額に割り引いてやっと売れた服です。

2万円の服が半額で買えた…ではなく、そもそも1万円の価値しか、その服にはないのです。

セールは売れ残り処分の場。割引しないと売れないような服しか並んでいない。

割引分お得ではなく、購入金額分の価値しかない。

 

そうです。割り引かないと売れない商品、ということは、それだけ売れなかった価値の無い商品という証拠です。

 

つまり、そもそも2万円の服が半額で買えたのではなく、1万円という定価が正しかったのですから、時期が遅れてやっとその価値の価格になっただけの話ですね。ただ単に人気のない1万円の服を買っているということになるのかも?

 

半額だ!と手に取った商品がいまいち即決できなかった場合、こんなことを思い考え直してください。

 

セールで半額だからお得ではない。

その商品の価値はもともと半額が正しかった。

さほど価値のない商品。

 

こう考えてみると、間違った買い物に気が付けるかもしれません。

 

 

ではセールでお得なものは本当にあるのか?

 

セールでのねらい目商品は確かにあります。こちらも夫の記事から抜粋します。

 

セールの掘り出し物は「割引率の低い商品」に多い

セール品は売れ残り。割引率が高くても、お得なわけではない。

と、上で解説しましたが、そうは言っても「お買い得品」が存在するのも確かなこと。

・良品だけど、色も1色しか残ってないし、サイズ欠けしてるからセール
・セールの目玉(入店のきっかけにするために)として良品だけどセールにする

など在庫状況や販売戦略的な理由によって、良品がセールになることもあるのです。

こういう商品がセールの狙い目。

こういう商品は大抵他の商品よりも割引率は低め。

だって良品ゆえに本来は定価でも売りさばけることが出来るアイテム。わざわざ利益率を大幅に削るような割引はしないものです。

 

本来割引しなくても売れていた人気商品は割引率を高くする必要はありません。つまり、割引率が低く在庫がないということは良い商品という証。良いものが少しでも安く手に入るので、これはお得だと考えて良いと思います。

 

値段にばかり気を取られる方にありがちですが、『気に入ったけど20%しか安くなっていない・・・こっちの商品は50%引きだから、こっちにしちゃおうかな。』と考え直してはダメです。

 

むしろ、気に入ったものが他の人よりも安く手に入るなんてお得と考えましょう。

 

安いから買うというマインドは言語道断!セールはそもそも人気の無い売れ残り品なのです。ですから良いものを見極めるセンスがないと必ず失敗してしまいます。

 

間違ったお買い物をしないように気を付けたいものです。

 

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。