ファッション哲学

小1の算数問題で気がついた!理論より感覚が大切ということ

ファッションカウンセラー・ツルタです。

小学1年生の宿題を見守る日々。算数の問題で式に当てはめようとすると混乱する息子をみて、はっと気がついたことがあります。算数もファッションも、理論よりまずは感覚(センス)が大切です。

小1さんすう~あわせていくつ(足し算)・のこりはいくつ(引き算)~

 

子供が解いていた問題です。

 

あさ、りんごが3つうれました。おひるに、りんごが2つうれました。

あわせてなんこうれましたか?

 

どんぐりを5つひろいました。いもうとに1つあげました。

のこりはいくつですか?

 

さかなつりで、あかいさかなを8ひき、くろいさかなを3びきつりました。

どちらがなんひきおおいですか?

 

いぬが6ぴき、くろねこが2ひきいます。

かずのちがいはなんびきですか?

 

息子は、

「あわせて」、「のこりは」の文言に赤い色鉛筆でマークをし、それぞれ数字も○で囲います。

 

あさ、りんごが(3)つうれました。おひるに、りんごが(2)つうれました。

あわせてなんこうれましたか?

 

「あわせてなんこ、だから・・・足し算!」

3+2=5

こたえは5こ

 

となります。

 

キーワードに赤線を引くという行為はいいのですが、文言が複雑になってくると混乱してしまいます。

 

つまり、「足すのかな?引くのかな?」が分からなくなるのです。

 

おかしをこずつくばりました。ぜんぶで10こあったおかしが3こになりました。

なんこおかしをくばったでしょうか?

 

この問題だと、という数字にも引っかかりますね(苦笑)

 

どの数字を使って、足すのか引くのか?が難しいというわけです。

 

 

答えから導き出す(式よりも感覚を信じる)

 

大人のわれわれからすると、なんでそんなことも分からないの?と思いますよね。

でも小学生ってそんなものです。

 

わたくしは息子に聞きました。

「そもそも問題の意味が分かっているの?」

息子は、問題の意味が頭に入っていないようでした。

 

あわせて~、のこりは~、全部で~、どちらがなんびきおおい~、といった言葉と数字に夢中で、文章の文脈が頭に入っていないのです。

 

そこでわたくしは、絵を描いて背景を説明しはじめました。

「おかしが10こあったんだって~」

ノートに〇を10個書きます。

 

「それでおともだちに1こずつ配ったんだって~」

「そしたら3こあまったんだって~」

ノートに3こだけ残してのこりは線で消してみせました。

 

即座に、

「7こ配った!」

と答えました(笑)

 

そういうことか!とハッとしました。

ここから、わたくしはすべての問題をまずは、答えから言わせてみました。

文章の背景を説明し、息子に文脈を理解させます。

それから答えを聞いてみると、すべて答えられたのです。

 

「まず、答えを先に書きなさい」

「それから、その答えになるように、書いてある数字で式を考えなさい」

 

例えば、

すずめが8わとまっています。なんわかとんでいってのこりは3わになりました。

なんわとんでいきましたか?

 

しき[           ]

こたえ[   ]わ

 

こんな問題があったとしますね。

 

①こたえ[ 5 ]わ のほうから解かせる。

その後、8と3をつかって、5になる計算を考えさせる。

すると、足すのか引くのか?が混乱しなくなりました。

②しき[ 8-3=5 ]

 

でも、たまにこうやって間違えます(苦笑)

②しき[ 8-5=3 ]

さっき導き出した答えの5を使ってしまうのです。(小学1年生ってこんなものです(笑))

 

 

骨格診断やパーソナルカラーという呪縛

 

お客さまからのお声にこんな言葉が多くあります。

 

  1. パーソナルカラー診断は受け、オータムということで納得はしているのですが、それをうまくいかせない
  2. 自分でこれは似合わない、なんか違う、といった間違いはわかるけれど、正解が見つからない

 

1番目は、診断結果の呪縛により、ご自身の感覚の自由を奪ってしまう恐れがありませんか?

2番目からも分かるように、NGは分かっているんです。みなさん、センスはお持ちです。

 

今回は、

自身のセンスを信じましょう。

 

ということを伝えたくて記事にしました。

 

これいいかな?と思ったとき、人は顔つきに笑みが浮かびます。いいかも♪という心の動きは顔に現れます。それが確固たる証拠です。ご自身がいいな♪と感じた感覚を信じて、その感覚を磨くことを忘れないでいただきたいものです。

 

たしかになかなか正解をみつけるのは時間がかかりますが、遠回りでも地道に努力したほうが、なんでもそうですが力がつきます。

 

遠回りが嫌だから、診断結果をもとめてその公式に当てはめたいのですよね。それもわかりますが、いつもわたくしが言わせていただくのが、診断結果にとらわれないほうがいいということ。

 

さきほどのさんすうの問題と同じで、まずはご自身の感性を磨くことが大切です。骨格診断やパーソナルカラーはそのセンスの裏付けをするために利用する。くらいの考えのほうが良いと思いますね。もっと言えば診断結果を活かすためにも、センス(感覚)を磨くことも怠らないように、それを忘れないようにしたいものです。

 

失敗や苦労といった経験なくして感覚は養なわれません。イチローさんの言葉にもありましたが、遠回りするほうが一番の近道だということ。本当にそう思います。あとで無駄だったと思えることは、とても大切です。

 

 

「遠回りは一番の近道。」

「あとで無駄だったと思えることはとっても大事。」

 

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。