制服化

ミニマリストが思う装いの制服化とは?簡単にオシャレになる服であり、考えなくても着られる最高の服。

パーソナルスタイリスト・ツルタです。

装いの制服化をしたければ、この内容(極論)につきます。これさえ実践すれば、オンオフ兼用の制服化とミニマムな生活が可能。そして何よりおしゃれなのです。本当は、余計なことなんてしなくてもいいのです。

考えなくても着られて簡単におしゃれになる服

 

それは、スーツ、セットアップ、ワンピース、といった、「ドレス要素」の服です。

 

余計なことはしません。難しいこともしません。上記を着るだけです。

 

みなさん、コーディネートの仕方が分からないと申しますが、それはそうです。組み合わせなんて無限になるのですから、そんなのいちいち考えていたらきりがありません。皆さん案外余計なことをし過ぎなんだよな…と心底思います。

 

もっと、簡単におしゃれになれる服を着ればいいのにな…(本当に切実な願いです)

 

 

「ドレス要素の服」が何よりもカッコいい服

 

当サイトでは何度も申し上げていますが、極論スーツやワンピースといった「ドレス要素の服」が、何よりもカッコいい服です。

 

スーツやワンピースって堅苦しい?それではあなたは、これを聞いてもカジュアルな服を買いますか?

 

カジュアル服はそもそも作業着やユニフォームなどをルーツに持つ服。理論上、機能性重視のため見た目は度外視されています。一方、スーツといったドレス要素の服は、その昔貴族が都会で働くための服として、高級感、大人っぽさ、知的さを表現した、完全なる見た目重視の服です。

 

つまり、

  • カジュアルは、機能性重視の服。
  • ドレスは、見た目重視の服。

 

スーツやジャケットを着た男性(女性)が、かっこよく見えるのは、そのためです。

 

しかもスーツは、コーディネートなど考えるものではありません。われわれが余計なことを考えなくても、着るもの、着る順番は決まっているありがたい洋服。コーデが苦手な人こそ、スーツを由来としたファッションをするべきではないでしょうか。

 

考えなくても着られる。そして何よりもカッコいい服であるなら、(ドレス要素の服である)スーツや、ジャケット&パンツ、ワンピースを着るだけです。ほかに理由はありません。

 

♦「ドレス要素の服」が極論一番カッコいい服である。参考記事

カジュアルな服ってオシャレじゃない。だから私は、「着ない・見ない・買わない」

 

 

オシャレになりたかったらカッコいい服を着ればいい

 

ファッションを楽しむために、今よりもっと素敵になるために、オシャレになりたいと思うものです。

 

であれば、「そもそも(もともと)カッコいい服」を買って着ればいい。のではないでしょうか。

 

(コーディネートなど)

  • 考えなくても
  • 難しいことをしなくても
  • 余計なことをしなくても

いいのです。

 

そして、ダサい服(カジュアル)を頑張ってコーディネートを考えようとしなくてもいいのです。(はっきり言って時間の無駄です)

 

 

身支度に時間をかけない生き方

 

毎朝、コーディネートに時間をかけません。わたくしの朝の身支度は3秒で決まります。

 

もちろん、装いの制服化ができているから。でも正直、制服化なんて大げさなものではありません。ただ単に、ジャケットやパンツ、スカート、ワンピースを着ているだけですからね。

 

ちなみに、メイクは立ってします。髪はてぐしで終了です。信頼のおける美容師さんにカットしてもらっているので、いつも良い状態をキープできます。

 

時間をかけない

知的な営み

装いの制服化

知的な装い

カッコいい生きかた

カッコいい装い

 

これからもそうしていくつもりです。

 

 

ミニマリスト・ツルタのファッションカウンセリング

 

  • 私服の制服化、定番スタイルを確立したい方
  • 少数精鋭のクローゼットを目指したい方
  • 自分の装いに満足し心地よい時間を過ごしたい方

 

一生懸命に生きていたら自然とミニマムになっていた、自称、天然ミニマリスト・ツルタが、お客さまの魅力を引き出すシンプルな装いのご提案に、尽力いたします。

 

♥ファッションカウンセリングメニュー

骨格診断・ショッピングレッスン

パーソナルスタイル診断

 

ABOUT ME
Junko Turuta
好きな言葉は、「シンプルに」・「心美しく」。 苦手なことは、「人と同じこと」と、「自分らしく振る舞えないことの全て」。 美しい人生とは、美しい装いであり、美しい志事(仕事)をすることだ。